MENU

乳酸菌革命のアトピーへの効果。腸を整えて免疫アップ!

 

 

乳酸菌革命は、16種類の生きた乳酸菌を腸へ届け、様々な健康効果が期待出来る乳酸菌サプリとして大人気ですね。

 

その乳酸菌革命に期待出来る効果の中でも、今とても注目されているのがアトピーの緩和作用です。

 

 

実は最近の研究で「アトピーは腸内環境の悪化が一つの原因になって起こる」という事が分かってきたんです。

 

アトピーと腸内環境ってあまり関係ないと思っていたので、ちょっとビックリしました。

 

 

では、なぜ腸内環境が悪化するとアトピーが起こるのか?どうして乳酸菌革命がアトピー緩和に役立つのか?

 

調べてみましたので、説明したいと思います。

 

 

 

腸内環境が悪化=免疫機能の悪化

 

どうして腸内環境が悪くなると、アトピーが起こってしまうのでしょうか?

 

 

そもそもアトピーは、なんらかの物質(アレルゲン)に対して免疫が正しく働かずに、過敏に反応を起こし皮膚に炎症が現れている状態です。

 

だから、免疫力を高めて免疫を正常な状態に整えることが出来れば、アトピー(アレルギー反応)は緩和されます。

 

 

そこで鍵を握るのが、腸の免疫力なんです。

 

 

腸は人体最大の免疫器官で、人の体の全免疫システム全体の実に70%が腸に集中していると言われています。

 

腸は食物の栄養分を吸収する一方で、有害なものを吸収せず便として体外に排出しなければなりません。

 

腸内に入ってきた物の無害、有害を区別して体に取り込むか排出するかを決める為に、免疫細胞の多くが腸に集まっているんですね。

 

 

つまり、腸内環境が悪化するという事は、体の免疫機能が悪化することに等しい訳なんです。

 

 

 

大切なのは、菌のバランス!

 

腸内の免疫細胞を活性化させるためには、腸内細菌の種類と数を増やし腸内環境を整えることが大切です。

 

 

腸内には、無数の細菌集合体が存在していて、腸内フローラと呼ばれています。

 

この腸内フローラのバランスが、免疫細胞を活性化させる重要なポイントとなります。

 

 

腸内フローラに住んでいる菌、3種類

 

1、善玉菌:免疫力を高め、人の体に有効な働きをする菌

 

2、悪玉菌:腸内のものを腐らせたり、有毒物質をつくる菌、免疫力を弱める

 

3、日和見菌:善玉でも悪玉でもない菌。その時々の優勢な方に作用する菌

 

 

悪玉菌が何らかの原因で増えすぎると、免役力が低下するといわれています。

 

3種類の菌が、善玉菌が優勢な状態を保ちながら、バランスがとれた比率で腸内に生息している事が大切です。

 

免疫細胞が活性化するのにベストな状態と言われています。

 

 

 

腸内環境をベストに近づける、乳酸菌革命

 

乳酸菌革命には、効果の高い乳酸菌が16種類、一粒に500億個配合されています。

 

その中でも、悪玉菌を抑えながら善玉菌を増やすビフィズス菌、それをサポートするラブレ菌、ガゼリ菌は、3大乳酸菌と言われ腸内環境を整えるのに大活躍します。

 

さらに、乳酸菌革命は耐酸性カプセルを採用しているので、これらの乳酸菌が胃酸などで死滅する事なくしっかり腸まで届きます。

 

 

乳酸菌革命は、腸まで生きた乳酸菌を多種類かつ大量に届ける事により、腸内環境をベストに整え免疫力をアップさせてくれるんですね。

 

 

 

乳酸菌革命、飲むだけでアトピー対策!

 

いかがでしたでしょうか?

 

腸内環境とアトピーは密接な関係にあるんですね。

 

 

アトピーは辛いけど、毎日ステロイド軟膏を塗るのは本当に嫌だ…。

 

そんな方はとっても多いと思います。

 

 

乳酸菌革命を継続的に飲む事により、腸から体質改善を促し対処療法ではなく根本からアトピーを緩和していく効果が期待できます。

 

ネット上の口コミでも「乳酸菌革命を飲みだしてから体を掻き毟らなくなった」、「症状が治まってきた」という投稿が多数見られるんですよ!

 

 

アトピーでお悩みの方は、一度、乳酸菌革命を試して見る価値はあると思います。

 

 

乳酸菌革命は、公式サイトでの価格が最も安くなっています。

 

また、商品の詳しい説明やお得で便利な定期コースの紹介なども載っていますので、ご興味のある方はそちらの情報もチェックしてみて下さい。

 

⇒乳酸菌革命の公式サイトはこちらから

 

 


このページの先頭へ